カードローン 審査

MENU

カードローンでお金を借りる|審査を通してキャッシングするには

キャッシングといえば消費者金融と思われがちですが、最近は大手銀行や都市銀行、信用金庫などほとんどの銀行が小口融資(キャッシング)に力を入れています。

 

銀行カードローンは消費者金融に比べて審査が通りにくいと言われているので、申込をしても借りられるかどうかが不安という方もおられますが、総量規制対象外のカードローン顧客獲得に積極的になっているので、一概に厳しいとは言えない時代になっています

 

また大口融資が振るわないことで軸足を総量規制対象外カードローンに置き換えている銀行もあり、ポイントが解れば審査に通るのはそれほど難しい事ではありません。

 

銀行カードローンの申込条件をクリアする事が大事

申込条件は消費者金融とほとんど変わりがなく、「安定した収入がある年齢20歳以上65歳までのかた」となっています。
銀行によっては年収制限を設けている商品もありますが、ほとんどの場合、安定した収入さえあれば、収入の多い少ないにかかわらず安定していれば、正社員だけでなくパート、アルバイト、派遣社員というような職業形態に関係なく申込ができるようになっています。

 

審査内容で重要視されるのは

審査で最も重要視するのは、貸したお金が返済できるかどうかを判断しますので、年収の多さより勤続年数が優先されます。
たとえば、年収が多くて勤続年数が短い人と、年収は少なくても勤続年数が長い人を比べると、勤続年数の長い人が有利になると言われています。

 

これは勤続年数が長ければ収入も安定しているし、社会的信用度も大になるからです。
また、審査は申込書と信用情報機関の個人情報に基づいて審査がおこなわれます。

 

個人情報にはクレジットカードや他社でキャッシングを利用している場合、どこで契約をしていくら借りているか、返済状況はどうなのかといった申込履歴や利用履歴のほか、公共料金の支払い状況まで記載されています。

 

審査はこれらの利用状況から、借り過ぎになっていないかとか、返済がきちんとできているかを確認します。
仮に利用状況が白紙の場合は、優良顧客として見られるので審査が通りやすいですが、遅延や延滞などが書き込まれていると審査に通るのは難しくなります。

 

「保証会社の審査に通ることも条件のひとつ」
銀行カードローンの申込条件で「当行が指定する保証会社の保証が受けられるかた」と書かれているのを見たことがあるはずです。
これは「銀行の審査以外に保証会社の審査に通れば融資します」ということで、おもに保証会社は同じ系列の大手消費者金融や、クレジット会社が保証会社になっています。

 

そのため、銀行独自の審査に加えて保証会社が審査をおこない、両方の審査に通って初めて利用できるようになります。
銀行と保証会社はこのように関連が有るので、たとえばカードローンで融資が受けられなかったので、消費者金融へ申込むといった場合、その保証会社になっている消費者金融へ申し込んでもまず審査に通りません。

 

そんなときは全く関係のない系列会社に申込みをすると審査に通る場合もあります。

 

総量規制対象外のメリット

総量規制とは、2010年の貸金業法の改正によって総量規制が完全施行になり、消費者金融が融資するときの上限を決めたもので、融資限度額は年収の3分の1以内と制限されるようになりました。

 

この法律が出来たのは、改正前までは消費者金融の融資限度額が決まっていなかったことから、「貸せる人にはいくらでも貸す」ということが続いたため、返済を考えずに借入をした消費者は、返済に行き詰まり、返済のために新たな借入をするといった自転車操業を繰り返し、ついには返済が続けられなくなってしまい、夜逃げや破産宣告をするといったことが急激に増え、消費者を守るという立場から金融庁が貸金業法の改正をおこない、過剰貸出しを抑えるために、消費者金融の融資限度額を決めたものです。

 

銀行は銀行法が適用され、銀行法に基づいて事業をおこなっていますので、貸金業法は適用されないため、総量規制の制限を受けることがありません。
なので、銀行それぞれが独自の審査基準を設け、その基準でお金を貸すのでカードローンは年収による制限がなく、審査で貸してもよいと判断すれば年収の3分の1にとらわれることなく融資が受けられます。

 

また、年収に影響を受けないことから最大融資限度額が1,000万円といった大口融資も可能なカードローンもあり、金利も低いことからおまとめにも利用できるカードローンです。

 

専業主婦が申込めるのは銀行カードローンのみ

主婦にとってなによりうれしいのは、専業主婦が消費者金融でキャッシングを申込ときは配偶者の名義になり、配偶者の同意を得なければならず、本人名義でお金が借りられません。
しかし、銀行カードローンは無収入の専業主婦でも個人名義で申込ができるということから主婦の間でも人気があるのはカードローンです。

 

このように銀行カードローンは多くのメリットが有るので、キャッシングを考えるとき時の選択肢のひとつにしてはどうでしょうか。